HOME技術・サービス

コンサルティングから設計・施工・メンテナンスまで
一貫したサービスを提供

ニチボウには、いくつもの顔があります。
防災のプランナーであり、コンサルタントであると同時に、防災エンジニアリングができる施工会社でもあります。
そして、24時間緊急出動体制を持つ、保守メンテナンス会社でもあります。
ニチボウは、ライフラインである給排水設備、空調設備も防災の視点にたって、防災設備のひとつとして、メンテナンスに取り組んでいます。

防災コンサルタント

防災に関する企業責任が問われ、高度な防災技術が必要な今、防災コンサルティング業務が必要とされています。
設備の点検・整備、各種定期検査・調査から、消防相談・防災教育・各種届出・震災対策等の一切の業務を作成支援(コーディネート)させて頂くのが
ニチボウの防災コンサルティング業務です。

防災コンサルティング

消防手続き・届出をまるごとアウトソーシングしませんか?

設備の点検・整備、各種定期検査・調査から、消防相談・防災教育・各種届出・震災対策等の一切の業務を作成支援(コーディネート)させて頂くのがニチボウの防災コンサルティング業務です。

古い耐震基準で設計された建物であっても、建替えせずに適切な補強・改修をすることで現在の耐震基準にすることができます。私どもは構造一級建築士とともに適切な耐震診断及び補強・改修設計を行い、さらに機能性、意匠性も兼ね備えた総合的なご提案をいたします。

防火対象物定期点検

一定の防火対象物の管理について権限を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務などについて点検させ、その結果を消防長又は消防署長に報告することが新たに義務づけられました。

防災管理点検

防災管理対象物の全ての管理権原者は、防災管理点検資格者に防災管理上必要な業務等について毎年1回定期的に点検させ、その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務づけられました。

優良防火対象物認定表示制度

優良防火対象物認定表示制度

建物の管理権原者(所有者等)が消防長・消防署長に申請し、審査及び検査の結果、優良な建物として消防署長が認めた場合、優良防火対象物認定証(通称:優マーク)を建物やパンフレットなどに表示できます。

Lifemail(ライフメール)

災害情報配信サービス

Lifemail(ライフメール)

LifeMailは気象に関連する各種情報や災害情報をメールで瞬時に送信します。
大きな災害が発生したときは、安否確認機能で不安や心配を最小のものにするサービスです。

マク・クイックシェルター

マク・クイックシェルター

内装式エアチューブ採用のシェルター

災害時のシェルターや帰宅困難者の上屋、物資保存保存スペースなどをわずか1分で確保。 災害時における避難所等の迅速な設営を実現し、緊急対策活動のサポート空間をご提供します。

メンテナンス

防災設備の点検・整備、各種定期検査・調査などお客様のニーズに合わせた保守メンテナンス業務を行います。
ニチボウでは各設備の有資格者が確実な点検・改修を実施し、皆様に安全かつ安心な環境をお届けします。

緊急出動

緊急出動

24時間体制で設備を守ります

ご連絡をいただければ、どんなトラブルにも専門知識と経験にあふれた有資格者が、24時間365日いつでもお伺いし、迅速かつ丁寧に対応いたします。

消防設備点検

設備は故障しても教えてくれません。いざという時に備える為、設備が正しく機能しているかを定期的に点検することが必要不可欠です。
消防法では建物の管理者は、設置された消防用設備を有資格者による定期点検を実施し、消防長又は消防署長に報告する義務があります。

特定建築物定期調査・建築設備定期検査

百貨店・ホテル・病院・学校などの不特定多数の人が利用する建物や、公共性のある建築物を「特定建築物」といいます。特定建築物は、災害が発生すると大惨事に発展してしまう可能性が高く、このような事態を避ける為、建築物の所有者または管理者は定期的に専門技術者による定期調査・検査を実施し、その結果を特定行政庁に報告するよう建築基準法において定められています。

赤外線外壁劣化診断

赤外線外壁劣化診断

赤外線サーモグラフィカメラを使用して、外壁面の劣化状況を診断します。テストハンマーで全面打診する方法とは違い、高所調査でも足場を組む必要がなく、安全性・作業性・経済性に優れています。

省エネルギー法書類作成・届出支援サービス

定期報告の書類作成・届出を支援致します

平成18年4月1日から、継続的に使用するエネルギーの使用実績に関する定期的な報告(定期報告)、ならびにエネルギー使用合理化の為の中長期的(3~5年)な計画(中長期計画)を作成して国へ提出することが必要になりました。

設計施工

建築物の大型化、多様化が進むなか、各々のビルの特徴に合わせたより安全な防災システムを提案します。
システム導入の際、問題となりうる点の洗い出しや、コストの低減など、コンサルティングに基づき、消防法や建築基準法など専門知識を有する担当者と先進の防災設備を融合させ、施工業務にあたります。

有床診療所及び病院における防火安全対策強化のための消防法施行令等の一部改正が行われました。ニチボウでは逸早く、改正内容をお届けすると同時に、今回の改正に沿った設計・施工のご提案ができる体制を整えています。

グループホームの防災設備

認知症高齢者グループホーム等の社会福祉施設における防火安全対策のための消防法施行令等の一部改正が行われました。ニチボウでは逸早く、改正内容をお届けすると同時に、今回の改正に沿った設計・施工のご提案ができる体制を整えています。

防災設備リニューアル

防災設備は、経年劣化や消防法の改正など複数の要因からリニューアルの必要性が生じてきます。改修・交換はもちろん、さらに安心できる 防災のために最新設備も提案します。小さな改修から、大規模なリニューアルまでお任せください。

一般建築用スプリンクラー設備

一般建築用スプリンクラー設備

地震の揺れによる配管の破損を防ぐ為、フレキシブル性のあるエルメックス-SP工法を提案します。エルメックス-SPは地震に強いだけではなく、軽量で、耐久性、施工性に優れ、錆びや腐食による漏水の心配がほとんどありません。

  • 関連資料・デジタルカタログ
  • WEB見積もり
  • 解説/消火実験 動画