HOME技術・サービス一般建築用スプリンクラー設備

一般建築用スプリンクラー設備

一般建築のスプリンクラー設備に架橋ポリエチレン管工法

1995年1月の阪神大震災では、スプランクラーヘッドや配管の破損による多くの水損が報告されています。また、スプリンクラー配管の破断による散水で、初期消火としての機能が果たせなくなり、出火すれば大火災につながる危険性もありました。このような損傷のあった消火配管は、すべて鋼管配管の在来工法で施工されていました。

ニチボウでは、地震の揺れによる配管の破損を防ぐ為、フレキシブル性のあるエルメックス-SP工法を提案します。エルメックス-SPは地震に強いだけではなく、軽量で、耐久性、施工性に優れ、錆びや腐食による漏水の心配がほとんどありません。

一般建築のスプリンクラー設備に架橋ポリエチレン管工法

PDF一般建築のスプリンクラー設備に架橋ポリエチレン管工法

エルメックス工法の特長

エルメックスSP20A+SUS フレキ工法の特長
軽量(対鋼管比 約1/5)、錆びない、長寿命
跳ね返り防止にSUSフレキ使用、施工性が良い、施工時間の大幅短縮、 設計変更にも柔軟な対応
可とう性がよく地震に強い
配管設備にエルボは不要
完全プレハブ工法採用による品質の安定化、トータルコスト削減
>>エルメックス工法 労力の低減と躯体負荷への軽減
>>一般建築用スプリンクラー設備 施工例
八街工場  

八街工場

ニチボウは自社で工場を持ち、加工から現場施工までを一貫体制で行っています。自社工場において組み立てた配管ユニットを現場で敷設する「プレハブ工法」を採用することで、品質の安定化と工期短縮によるトータルコスト削減が図れます。

>>八街工場

配管材のCO2排出量の比較

ポリエチレン管は製造過程上でCO2の総排出量が少なく地球温暖化防止にも有効です。

配管材のCO2排出量の比較