HOME技術・サービス有床診療所・病院用 スプリンクラー設備:設置基準の変更

スプリンクラー設備設置基準の変更

スプリンクラー設備設置基準の変更

※1 下記の診療科名のみを有するものは対象外です。
(産科・婦人科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・歯科・肛門外科・泌尿器科・小児科・乳腺外科・形成外科・美容外科の13診療科目)

※2 火災の延焼を抑制する機能を備える施設構造を有するものは対象外です。

※3 夜間における見守り体制を有し、勤務する職員が以下の数を常時下回らない体制を有する病院は対象外です。

  1. ①病床数が26床以下のときは2人、26床を超えるときは2人に13床までを増すごとに1人加えた職員が勤務する病院
  2. ②病床数が60床以下のときは2人、60床を超えるときは2人に60床までを増すごとに2人加えた職員(宿直は除く)が勤務する病院

スプリンクラー設備の新しい設置基準

以下の図は、スプリンクラー設備の新しい設置基準です。

スプリンクラー設備の新しい設置基準

※ 特定診療科名とは、内科、整形外科、リハビリテーション科その他の総務省令で定める診療科名。

関連資料・コンテンツ