HOME技術・サービス防災設備リニューアル:消火剤貯蔵容器更新

18~20年経過しているガス系消火設備の消火剤貯蔵容器更新

容器弁と消火剤貯蔵容器更新のお勧め

容器弁は年数が経つに従って劣化していきます。容器弁の点検は、設置後25年(下記消防庁告示参照)を経過するまでに実施が必要です。容器弁の安全性の点検では代替品を準備し交換するための時間と、全ての工程でお客様の立会いを必要とします。さらに容器弁に不具合が発生した場合は点検費用+交換費用お客様負担となります!!
そのため当社では、推奨交換年数(18年~20年)を超える貯蔵容器及び容器弁は新品への交換をお勧めしています。

関連資料・コンテンツ