HOME技術・サービス防災設備リニューアル:自動火災報知設備火災受信機更新

15年~20年経過している自動火災報知設備火災受信機更新

自動火災報知機更新のお勧め

自動火災報知機は昭和36年の消防法改正により、全国的に設備されてから50年を経過しています。自動火災報知設備も他の設備同様、その機能と性能の信頼性を維持するには継続的な限界があります。受信機故障時には火災警報機能などが正常に動作しない事が懸念されます。従いまして、一定時期を経過した火災受信機の更新を推奨します。

関連資料・コンテンツ