HOME技術・サービス防災設備リニューアル:真空スプリンクラー設備

既存建物への真空スプリンクラー設備

真空だからできる火災以外では放水しない画期的なスプリンクラーシステム

  • 資産を漏水事故から守る 2次側を大気圧より低い負圧にすることで、従来のスプリンクラーのような誤放出による多大な水損を防ぎ、資産を漏水事故から守ることができます。
  • パイプの腐食やヘッドの破損による水損防止 配管にピンホールが発生しても、地震等によりスプリンクラーヘッドや配管の一部が破損しても、火災以外では水損は発生しません。
  • リニューアル工事に最適 水損が発生すると大きな損害が予想される大切な用途、区画だけ真空スプリンクラーへの変更が可能です。
  • 工事費の大幅な削減が可能 既存の配管をそのまま使用することで、天井の撤去がなく、テナントの移動費用が不要です。
  • 廃材が少なく環境に優しい 既存の設備を有効に利用できるため、大量の廃材を出しません。
  • 工事を分散して行うことが可能 初期工事で真空ポンプを設置しておけば、必要な時期に必要な階を工事できます。

関連資料・コンテンツ