HOME技術・サービス特殊建築物定期調査・建築設備定期検査:赤外線外壁劣化診断

特殊建築物定期調査・建築設備定期検査

赤外線外壁劣化診断

安全 非接触「安全な離れた場所から診断が可能」 簡単 非破壊「建物を壊すことなく診断が可能」 経済的 短時間「足場、ゴンドラ等の設備が不要、短時間・低コストで診断が可能」 記録 外壁内部の劣化状況を熱画像で視覚化、解析熱画像データの保存が可能

赤外線サーモグラフィカメラを使用して、タイル等の剥離部と健全部の熱伝導率による温度差を計測、外壁面から放射される赤外線(熱画像)と可視画像から劣化状況を診断します。
外壁劣化診断(テストハンマーで全面打診する方法)とは違い、高所調査でも足場を組む必要がなく、非接触・広範囲の計測が可能なため安全性・作業性・経済性に優れています。
データの管理も可能です。

可視画像 → 赤外線(熱画像)

PDF赤外線外壁劣化診断のご提案

特殊建築物等の定期報告制度改正

特殊建築物定期調査の定期報告にて外壁全面打診が必要となりました。

■外壁タイル等※の劣化・損傷

これまで:手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば「精密検査を要する」として建築物の所有者等に注意喚起。→平成20年4月1日以降:手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば全面打診等により調査し、加えて竣工、外壁改修等から10年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査。

全面打診対象物件

  1. 特殊建築物定期調査の部分打診、目視等により異常が認められたもの
  2. 竣工後10年を超えるもの
  3. 外壁改修後10年を超えるもの
  4. 落下により歩行者に危害を加えるおそれのある部分の全面打診等を実施した後10年を超えるもの

※タイル等とは、下地材としてコンクリート、プレキャストコンクリートパネル、ALCパネルなどにモルタルまたは接着剤等で貼り付けられたタイル、石貼り等(乾式工法によるもの除く)および現場、工場等でコンクリートなどと同時に打ち込まれた工法によるものです。

外壁全面打診と赤外線劣化診断価格比較

外壁全面打診と赤外線劣化診断価格比較

※外壁全面打診価格は、外部に足場を組み打診法による調査と致します。
また、費用に補修費は含まれておりません。