HOME技術・サービス特殊建築物定期調査・建築設備定期検査:特殊建築物定期調査

特殊建築物定期調査・建築設備定期検査

特殊建築物定期調査

不特定多数の人が利用する「特殊建築物」は、老朽化や建物の敷地・構造・及び避難施設に
不備欠陥がある状態では安心して利用することができません。不十分な維持管理のままでは、ひとたび火災や地震などの災害が発生した時に大きな事故や災害を招く恐れがあります。
こうした事態を避けるために、建築物の所有者または管理者は専門技術者による調査を定期的に実施し、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。(建築基準法第12条第1項及び2項)

劇場・百貨店・ホテル・病院・物販店・共同住宅・事務所などの特に多くの人が利用する建物の管理者は原則として1~3年に1度は特殊建築物定期調査を実施する義務があります。

特殊建築物定期調査

特殊建築物定期調査の内容

調査には一級・二級建築士や国土交通大臣が定める資格を有する者であるといった専門の資格を有した技術者が行う必要があります。

敷地及び地盤 建築物の外部 屋上及び屋根 建築物の内部 避難施設等 その他

※ 赤外線劣化診断

赤外線サーモグラフィカメラを使用して、タイル等の剥離部と健全部の熱伝導率による温度差を計測、外壁面から放射される赤外線(熱画像)と可視画像から劣化状況を診断します。テストハンマーで全面打診する方法とは違い、高所調査でも足場を組む必要がなく、安全性・作業性・経済性に優れています。

>>赤外線外壁劣化診断
赤外線劣化診断

ニチボウでは、熟練した有資格者による調査により安心・安全をご提供致します。
WEB見積(無料)よりお気軽にお問合せ下さい。