HOME技術・サービス優良防火対象物認定表示制度:「優マーク」制度の経緯と概要

優良防火対象物認定表示制度

知っていますか?「優マーク」→優良防火対象物認定表示制度

平成14年の消防法の改正により、防火対象物定期点検報告制度が導入されたことに伴い、従来の「適マーク」制度は平成18年9月30日をもって廃止されました。廃止に伴い、建物利用者を始めとした都民の皆様に、防火安全性の高い建物情報を提供することを目的とした「優良防火対象物認定制度」が、平成18年10月1日の火災予防条例の改正により新たな制度としてスタートしました。

「優マーク」制度の概要

top sp top
制度の対象となる建物
防火管理者の選任が義務となる全ての用途の建物を対象としています。
sp
優良建物の認定基準
認定基準は、法令適合性はもとより、避難安全性、自衛消防活動の能力、過去の法令遵守の状況、過去の火災発生状況を審査・検査します。
top sp top
優良建物の認定者
優良な建物の認定は、消防署長が行います。
sp
優良建物の認定基準優良建物の表示等
消防署長の認定を受けた優良な建物は、優良防火対象物認定証(通称:優マーク)を建物やパンフレットなどに表示できます。又、消防機関は認定を受けた建物を公表します。

ニチボウ本社ビル 優良防火対象物に認定されました!!

平成19年5月10日(木)東京消防庁品川消防署長より防火安全対策に対する、自主的、意欲的な取組み、実質的な防火安全性が評価され、防火上優良な防火対象物として認定を受けました。

>>認定証授与の様子はこちら