HOME製品ファイアイレイス:ファイアイレイスについて

ファイアイレイスについて

ファイアイレイスシステムはボンベについているバルブに、センサーチューブと呼ばれる発火探知チューブがついている装置です。チューブはフレキシブルで、ボックスのような空間やアクセスの難しい場所、もしくはガードしにくいところなど、防護対象物の形状に関係なくどんなところにも設置できます。発火し、火災による熱でセンサーチューブが温められると、チューブは溶け始め、最高温度部で破裂します。消火剤は、チューブにより発火地点に確実に運ばれ、破裂箇所より消火剤を放出します。外部からの電源は不必要で、停電等の事故の影響を受けることもありません。また、既存の自動消火装置と比べて、設置、メンテナンス、テスト費用も少なくてすみます。

ファイアイレイスのシステム

ファイアイレイスには2種類のシステムがあり、防護空間の大きさや形状によって使い分けます。

ダイレクトシステム(DHP・DLP)

センサーチューブが火災を探知し破裂すると、容器弁が開放して
消火剤を破裂したチューブの穴から放出します。

ダイレクトシステム(DHP・DLP)

インダイレクトシステム(IHP・ILP)

センサーチューブが火災を探知すると、最も熱くなったスポットが
破裂してチューブ内の圧力を放出し、特殊な空気圧制御式の容器弁が開放して、
噴射ノズルより消火剤を放出します。

インダイレクトシステム(IHP・ILP)

センサーチューブの特性・内圧

寸法 外径6mm 内径4mm
素材

ポリエチレン(PE)ポリアミド(PA)

※ウォーターミストはフッソ樹脂(ETFE)

オレンジ(標準品)黒(屋外用)
運転・動作圧力 1.8MPa
最適使用温度 PE:-20℃〜50℃ / PA:-20℃〜60℃ /
ETFE:-35℃〜100℃(チューブ内部不凍液)
破裂温度(1.8MPaの場合) PE:92℃ / PA:160℃ / ETFE:183℃
耐用年数 最適使用温度条件下で8年
浸透・透過 N2ガス透過度:2.15E-08pa・m3/sec以下
(25℃ dry 1.8MPa加圧 内⇒外)

あらゆる対象用途に対応する5つの消火剤

消火剤は、Novec1230、ウォーターミスト、CO2、金属火災用消火剤、ABC粉末を採用して、
防護対象物の種類や二次災害の危険性、開口部等の有無によって使い分けます。

Novec1230 ウォーター
ミスト
CO2 ABC粉末
消火薬剤
金属火災用
消火剤

Novec1230の電気絶縁性について

Novec1230はすぐれた電気絶縁性を有し、電子機器に
影響を与えません。
比耐電圧@1atm(窒素1.0)に対し2.3。

消火剤Novec1230は電気絶縁性に優れていて、
消火剤に浸した中でもTVや携帯電話は繋がります。

設置場所に応じて選べる豊富なタイプ

ファイアイレイスは様々な状況や環境に対応すべく、容器、容量、圧力、
オプション選択の有無などを豊富に取り揃えております。
詳しい仕様につきましては、下記PDFをダウンロードしてご確認ください。