HOME製品ファイアイレイス:ケーブルトレイの火災対策

電力中央研究所報告 「チューブ式自動消火設備ケーブルトレイ火災への適用性評価」

ケーブルトレイの火災対策

ケーブルトレイの火災が発生すると、ケーブルトレイ線路に沿って縦横に燃え広がります。ケーブルの被覆材は、塩化ビニル・ポリエチレン・架橋ポリエチレンが含まれ燃焼すると塩化水素ガスや一酸化炭素等の有害なガスを発生し非常に危険です。
電気機器等の老朽化や施工不良などにより出火することもあり、季節や時間を問わず発生します。

ケーブルトレイ火災の主な発生原因

  • 地絡、短絡等による過電流により過熱
  • 導体接続部の不具合
  • 多条敷設による過負荷
  • ケーブル絶縁被覆材の損傷

ケーブルトレイ向けファイアイレイス仕様

装置構成

動作フロー

設置方法例