HOME製品NAP-F

NAP-Fシステム 放火対策用消火システム

突然の災害から守るために

近年、放火による突然瞬く間に炎が燃え広がる火災が発生しています。この様な状況下においては避難することはもちろん、まして消火器等で火を消すことなど非常に困難であることは新聞等の報道で既にご存知の通りです。NAP-Fはこの様な突然の火災に対して優れた効果を発揮し、尊い人命を火災から守る目的で開発された製品で次のような特長を備えています。

火災の発生状況

平成17年(1月~12月)における全国の出火件数は57,487件で、1日当たり約157件、約9分に1件の火災が発生しています。出火原因をみると放火による火災が最も多く、放火の疑いがあるものと調査中のものを含めると実に12,263件で全火災の21.3%にものぼっています。又、火災による死傷者数は死者2,197人、負傷者8,854人で、1日当たりの死者が約6人、負傷者が約25人それぞれ発生していることになります。

簡単操作

手動操作装置のバルブを開くだけで作動します。

確実作動

消火剤放出に電源が不要な為、停電・断線の心配がありません。

確実消火

航空機火災用にも使用されている消火剤です。

省スペース

本体は標準的なロッカーの約半分のスペースで設置できます。(※1)

楽々設置

簡単な配管工事だけで設置できます。

お手軽価格

小型乗用車1台分とほぼ同様の費用で設置できます。(※1)

※1 NAP-F 80の場合