HOME製品コンテナ型訓練装置

コンテナ型訓練装置 コンテナ内に実火災現場を再現した消防隊向けの熱気と濃煙を発生させた訓練装置

コンテナを利用した訓練装置
40フィートコンテナ(長さ:約12m)を利用した実火災訓練装置です。
過酷な火災現場を再現
楽々消防隊L型(プロパンガス燃焼装置)とスモークマシンを使用することで、熱気と濃煙を発生させ、実際の火災現場と同等の環境等を再現します。
多種多様な訓練が可能
コンテナ内に火災室を再現できるので、消防職員、消防団、自衛消防隊等に向けた幅広い訓練を実践的かつ効果的に行えます。
■耐熱熱気訓練
楽々消防隊L型を利用し実際の火災現場と同等の熱環境で訓練が可能です。
コンテナ内の温度は上層部約230℃、中層部約150℃、下層部約70℃の火災環境の再現が可能です。
■濃煙訓練
スモークマシンを使用しコンテナ内を濃煙(白煙)にした訓練が可能です。なお、黒煙環境の再現は、面体覆眼プレート装着で体験が可能です。
■熱気濃煙訓練
楽々消防隊L型とスモークマシンを使用し、熱気と濃煙を再現した訓練が可能です。
(スモークマシンを使用するため、コンテナ内の温度は約90℃以下の環境になります。)
■その他の訓練
中性帯確認注水訓練救助訓練等も
可能です。
繰り返し訓練可能
環境汚染がなく、燃焼物の後片付けや煤煙処理装置が不要になり、「いつでも」「何度でも」訓練を行うことができます。
  • 垂れ壁

    発生した熱気等を貯める場合に利用します。

  • 耐熱カーテン

    熱気を外に逃さないために利用します。また、敷居として突入前の準備スペースを確保します。

  • 空気取り入れ口

    コンテナ内に空気を取り入れるために利用します。

  • コード取り入れ口

    楽々消防隊L型を操作するコードを外に出すために利用します。

  • 温度計

    コンテナ内の上層、中層、下層の温度を計測します。

  • 楽々消防隊L型

    コンテナ内での消火訓練に利用します。

装置仕様

品名 コンテナ型訓練装置
構成
  • 40フィートコンテナ
    • 垂れ壁
    • 耐熱カーテン
    • 空気取り入れ口
    • コード取り入れ口
  • 温度計(3個)
  • 楽々消防隊L型
寸法 コンテナ:W2,400×D12,000×H2,600mm

※本製品の仕様は改良の為、予告なく変更することがありますのでご了承ください。

関連資料・コンテンツ