HOME製品イレイスチューブ(消火デバイス)

電源不要・ボンベ不要・施工不要!!
リチウムイオンバッテリーパックや配電盤用!!

初期消火は異常な発熱を素早く検知し、瞬時に消火剤を放出できることが求められます。イレイスチューブ(消火デバイス)は、データーセンターや工場の大空間に取り付ける消火システムではなく、電池ラックや配電盤や火災の発生リスクが高い危険な箇所を部分的に防護するための消火デバイスです。1㎥以内の防護区画に設置し、火災や被害の拡大を防ぐ局所消火設備です。

消火デバイスの特長

  • 消火剤を充填するボンベが必要ありません。
  • 消火デバイスを作動させるための電源が必要ありません。
  • チューブは可とう性があり、設置場所の形状を問いません。筺体内やアクセスしにくい場所にも設置が簡単です。
  • ガスバリア層によりN2ガスや消火剤の透過の心配がいりません。
  • チューブの接続は電気融着(EF)継手を用い、チューブと溶融一体化接合する事で、メンテフリーを実現しました。
  • チューブの作動温度は107℃~115℃(無炎)
  • 消火剤は人と環境に優しいNovec1230を使用
  • 優れた電気絶縁性で電気機器に影響を与えません。

消火剤は人にも環境にも優しいNovec1230を使用

オゾン破壊係数ゼロ、非常に低い地球温暖化係数、短い大気寿命。3M™Novec™ 1230消火薬剤は、ハロゲン化物消火薬剤として冷却効果と燃焼連鎖反応に優れた消火性能を発揮します。また、実使用濃度はNOAEL(無有害性影響量)と比べ大幅に低く、人体にも優しい消火剤といえます。

電気絶縁性
すぐれた電気絶縁性を有し、電子機器に影響を与えません。比耐電圧@1atm(窒素1.0)に対し2.3。
消火剤Novec1230は電気絶縁性に優れていて、消火剤に浸した中でもTVや携帯電話は繋がります。
蒸気圧の温度変化
消火剤蒸気圧が異常な発熱現象により上昇して消火剤を放出します。電源は不要です。停電中も確実に作動します。

設置上の注意事項

最小曲げ半径

最小曲げ半径は200mmです。消火デバイスは決してよじったり、曲げたり、押しつぶしたりしないでください。

設置方法

専用マウントベースはマグネットタイプと粘着テープタイプがあります。
粘着テープタイプは設置後10時間以上放置してから消火デバイスを取り付けるようにしてください。

※設置対象により最適なマウントベースをお選びください。

設置方法例

※立ち上げが必要な防護区画の形状の場合は、別途弊社までご相談ください。

オプション

消火剤放出時の外部信号送信用熱検知線