HOME製品イレイスチューブ(センサーチューブ)

外径6mmと内径4mmのセンサーチューブ

従来の熱可塑性チューブと比べて3つの問題を解決しました。

  1. 検知温度100℃以下。
  2. 消火剤や加圧推進剤の窒素ガスを透過減量しないバリア性。
  3. 耐薬品性、耐金属塩類性に優れ、ソルベントクラック(溶剤亀裂)を防止。

この3つの問題を解決することによって、リチウムイオン2次電池や高発熱の液体燃料、そして配電盤等の電気火災を初期の段階で安全に検知できます。
ファイアイレイスシステムと併せてご採用ください。

技術データ

リチウムイオン2次電池の電解液や液体燃料等の高発熱を伴う物質には、火災の早期検知と早期消火が求められます。従来のポリアミドチューブの作動温度約160℃(1.8Mpa加圧時・無炎)やフッ素系チューブに比べて、約92℃(1.8Mpa加圧時・無炎)と早期に火災を検知します。

設置上の注意事項

最小曲げ半径は100mmです。センサーチューブは決してよじったり、曲げたり、押しつぶしたりしないでください。