HOME製品予作動式(湿式)スプリンクラーシステム

予作動式(湿式)スプリンクラーシステム 誤放水による水損を未然に防ぐ、世界初のスプリンクラーシステム!!

水損防止に対して、最も安全なシステム

スプリンクラーヘッドや二次側配管が破損しても火災感知器が作動しなければ予作動式(湿式)流水装置は閉止しているため、放水はしません

消火活動に力を発揮するスプリンクラー。ですが、火災時以外に誤作動による放水が起こらないとは限りません。実際に地震等の災害やなんらかの不可抗力によりスプリンクラーヘッドが破損して放水が起こり、水損の被害が発生しています。 共同住宅用のスプリンクラーの水源水量は4トン以上にもなります。マンションの場合は階下まで浸水することになり、その被害は計り知れません。

予作動式(湿式)共同住宅スプリンクラーシステムはスプリンクラーヘッドと火災感知器の2段階作動になります(ダブルインターロック方式)。スプリンクラーヘッドや二次側配管が破損しても火災感知器が作動しなければ予作動式(湿式)流水検知装置は閉止しているため、破損した部位から二次側配管内の水が漏水しますが誤放水はせず、水損を最小限に食い止められます。居住者の皆様に安心して暮らして頂くためにも、水損防止に対して最も安心なシステムです。