HOME製品転造ねじ加工と地震に強い消火設備:エルメックス工法

「エルメックス-SPパイプ」一般建築消火配管システム

従来から使用されている金属管等の枝管・巻出し配管と比較して、極めて耐震性の高い二層架橋ポリエチレン管(継手)「エルメックス-SP」をご提案します。フレキシブル性があり地震の揺れによる配管の破損を防ぐだけではなく、軽量で、耐久性、施工性に優れ、錆びや腐食による漏水の心配がほとんどありません。

エルメックス-SPパイプは、2011年3月11日の東日本大震災において
水損等の被害はありませんでした。(メーカー独自調査の結果)

一般建築用スプリンクラー設備

耐震性の実績

  • エルメックス-SPは1996年の販売以来、100万ヘッド以上の実績があります。地震による直接的な破損や被害の報告はありません。
  • エルメックス-SPと同様のシステムで30年以上の販売実績のある「ガス用ポリエチレン管」も2011年3月に発生しました東日本大震災においても、破損や被害は発生していません。また、阪神淡路大震災等でも被害は発生していません。
エルメックス-SPの耐震性

エルメックス20A+16A(SUSFJ20A)工法の特長

  • 軽量(対鋼管比 約1/5)、錆びない、長寿命
  • 跳ね返り防止にSUSフレキ使用、施工性が良い、施工時間の大幅短縮、 設計変更にも柔軟な対応
  • 可とう性がよく地震に強い
  • 配管設備にエルボは不要
  • 完全プレハブ工法採用による品質の安定化、トータルコスト削減