HOME製品自動火災報知設備訓練機器・非常放送機器(研修室タイプ):消火器具・避難設備・防火設備の研修内容

消火器具・避難設備・防火設備の研修内容

※下記は一例です。ご希望用途に合わせて構成機器のご提案をさせていただきます。

消火器の構造、薬剤の種類、加圧方式の種類を手に取りながら研修

カットサンプルを使用しながら消火器の構造、薬剤の種類、加圧方式の種類を手に取りながら研修できます。建物管理上の注意事項を盛り込んだ研修や、使用された消火器は何処を見て判断するか研修できます。
同時に訓練用水消火器の放出試験や、放出袋を使用した粉末消火器を放出訓練を合わせると効果的です。

避難設備・防火設備の実物を操作しながら研修

避難ハッチ

普段あまり開ける事が出来ない避難ハッチを実際に操作しながら研修ができます。点検時に良く指摘される避難ハッチ上部の操作障害、降下空間の降下障害などどの部分を指摘しているか、研修用の避難ハッチを動かしながら確認できます。

防火戸

感知器を作動させ、防火戸を連動させることが出来ます。
作動した時にどの様に復旧したらよいか、復旧方法を順を追って訓練できます。

ELV用防火設備

感知器や、起動ボタンを押して作動させる事ができます。

排煙口

手動解放装置を操作し、排煙口を解放させる訓練が出来ます。また、自動火災報知設備の表示はどの様にでるか研修できます。

防火ダンパー

手防火ダンパーはどの様な設備か、実物を動かしながら研修できます。